小学校入学式でのママの服装!私立と公立では違うって本当?

入学式は子供にも親にとっても新しい事へのスタートの日ですね。

桜

一番目のお子様が入学となると余計に緊張します。第一印象でお母さん同士のつながりもかなり変わってきます。

では、今回は入学式の親の服装についてです。


スポンサード リンク

入学式に出席するときの服装は?

入学式は、私立校と公立校では多少違うようです。

私立校は、お受験スーツと呼ばれる紺系スーツに、短めのパールネックレスとブローチやコサージュを付けて入学式に行かれる方が多いようです。

格式を重んじるような学校では事前にリサーチされた方が良いでしょう。

よくテレビで見かけるロイヤルファミリーや日本の皇室のファッションなどが参考になるようです。

公立校は、アイボリー系やベージュ系、紺系のスーツに同じく短めのパールネックレスが多いですね。コサージュは、昔は誰もが大きなコサージュを競って付けていましたが、最近は付けていない人も増えました。

主流はスーツです。スーツの方が改まった感じがするからでしょうか? ワンピースやパンツスーツを着ている人はあまり見かけませんね。

着物の方もたまにおられますが、着慣れた人でないと、入学式の間椅子に座っているのはきついかもしれませんね。

靴は5センチ位までのヒールにします。バックもショルダーバックかハンドバックに良いでしょう。間違えてもリュックサックを担いでいかないようにしましょう。

お父様の服装はビジネススーツが最も多いですね

ネクタイや靴下もあまり派手すぎない色にした方がいいでしょう。体育館に入る時にスリッパになるので、派手な靴下は目立ちます。

最近は、お父様とお母様の両方が出席される家庭も増えましたが、お二人の服装のバランスも考えて選びましょう

スポンサード リンク

服装で気をつけるべきマナーは?

主役はお子様です。お母さんが張り切り過ぎて、派手派手になってしまっては子供が恥ずかしい思いをします。

私は若いお母さんだからいいのよと、フリフリのワンピースやミニスカートで行ってはいけません。ストッキングも肌色にします。ブラックや柄物は入学式用ではありません。

露出度の多い服も好ましくありません。

スカート丈はひざ下が無難です。入学式が体育館で行われるところも多いと思います。時間が長くなると4月上旬では冷えてきます。

ブラックフォーマルスーツ(いわゆる礼服です)は冠婚葬祭用ですので着ない方が良いでしょう。

アクセサリーは控えめにします。大きなピアスやジャラジャラしたネックレスもスーツには似合いません。

入学式親子写真

余談ですが……

娘の小学校の入学式の事ですが、着物の方で、髪も夜会巻きにしてお化粧の派手なお母さんがいました。私は思わず「夜のお仕事の方かな?」と思ってしまいました。

その方が、私の旧姓を呼んだ時、私の幼なじみとわかりました。

私以外に、その友達に話しかけるお母さんはおられませんでした。

このように、その場のTPO(Time Place Occasion。時・所・場合に応じた服装などの使い分け)があります。清楚な服装が好印象を生みます。

まとめ

着物も春らしい色合いの訪問着などでしたら好感度もアップします。髪をアップにしてパールの髪留めなどで華やかさを出してもいいでしょう。

入学式で初めてお目にかかるお母さまや先生方も、意外と服装チェックしています。第一印象が大事です。「お母さんがあれではねぇ~!」なんて言われないようにしましょう。

最近は、親の年齢層も幅があります。若さを強調し過ぎないのも、先輩お母さまたちに好感をもたれる要因になりますよ(笑)


スポンサード リンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。