紫外線対策グッズのオススメは?顔を守る帽子とメガネほか

紫外線を浴びすぎると、皮膚がんを発症するリスクがあると聞いた事がありますが、本当でしょうか?

紫外線と日傘

紫外線対策の日焼け止めも、沢山あり過ぎてどれが自分に合っているのか解らないですよねぇ。今回は紫外線対策グッズを色々ピックアップしていきますので、ぜひ参考にしてください。


スポンサード リンク

紫外線から顔をケアすることの大切さ

紫外線は、UVA、UVB、UVCに分かれます。その中でもUVAとUVBはがお肌のトラブルの元となるものです。なお、UVCはオゾン層で遮断され、地表まで届きません。

ちなみに、UV とは ultra violet (紫外線)の略です。

UVA (生活紫外線)とは

太陽の光からでる紫外線の約9割がこのUVAです。

朝夕や冬の間も多く、深く皮膚の中に浸透して蓄積する為、皮膚のハリや弾力を失わせコラーゲン繊維にダメージを与え、肌の老化をひき起こす原因になります。

また、すでに出来たメラニン色素を酸化させて、肌を褐色にします。

UVB (レジャー紫外線)とは

太陽の光からでる紫外線の約1割がこのUVBです。

肌への影響は強く、日焼けによる炎症反応やその数日後に色素沈着を引き起こします。炎症やシミを作り、皮膚がんのリスクも生まれます。

メラニン色素が紫外線を吸収して日焼けをしますが、日焼けは紫外線への防御反応です。肌を褐色にして紫外線の吸収を抑えようとする働きです。

紫外線の強い国の人ほど、肌の色が黒いのはこの為です。

紫外線対策イラスト

しかし、紫外線は悪い面だけではありません。

紫外線は、皮膚にビタミンDを生成してくれます。日照時間の短い国では、大腸がんや乳がん・卵巣がん・多発性硬化症・骨の石炭化障害で骨折などが多発すると言われています。

ですが、このビタミンDは食事で摂取する事も可能ですし、日差しの強い夏場では、5分程度手の甲を日に当てるだけで十分な摂取が出来る事が実証されています。

スポンサード リンク

人気の紫外線対策グッズを紹介

日焼け止め用品に書かれている、SPFとPAの意味を覚えておきましょう。

SPFは、UVBを遮断する値で、2~50の整数で表しています。

数字が大きいほどUVBの防止効果が大きくなります。

例えば「SPF25」の場合は、何も対策していない場合の1/25になり、「SPF50」だと1/50になります。目安として、SPF値は1つ増えるごとに20~25分のUVB防止効果があるとされます。SPF25 なら500~625分 (6~10時間)になります。

それ以上になると50+になります。

PAは、UVAを遮断する値です。

  • PA+(効果がある)
  • PA++(効果がかなりある)
  • PA+++(効果が非常にある)
  • PA++++(効果が極めて高い)の4段階があります。

それなら、SPF50でPA++++のものを買えば間違いないかと言うとそうではありません。効果が高いほど肌への負担がかかりますので、生活シーンに合わせて決めましょう。

普段使いなら、SPF10~35、PA+ ~ PA++ のものをムラなく塗って、3~4時間ごとに塗りなおすか、下地化粧品とファンデーションのUV効果のあるものを重ね塗りしましょう。

ジェルタイプやミルクタイプは乾燥しがちな肌に潤いも保てます。肌の弱い人には敏感肌用もありますので、自分の肌の具合を知りまた使うシーンに合わせて使う事で、肌への負担を減らしましょう。

※重ね塗りをする時にSPA10とSPA20を足してもSPA30にはなりません。

炎天下でレジャーやスポーツをする場合や長時間紫外線にさらされる場合は、SPF30~50+、PA++ ~ PA+++のものを使ってください。

ウォータープルーフタイプの物は、よほど汗かきの人か海やプールなどで使用するようにします。このタイプの物は、落とすのにも時間がかかり、肌を傷つける事になります。普段使いにはこのタイプは不向きです。

それでは、いくつかおすすめのグッズをご紹介します。

まず、帽子ですがやはり小顔効果もありUV対策にもなる、つばの広い物がお勧めです。

サングラスは、女優タイプが今年も流行りです。

日焼け止めは、肌に優しいタイプのもので保湿効果の物がお勧めです。

完全防備のフェイスマスク

ガーデニングや山登りに行く時に、完全に隠れるのがフェイスマスクですね(#^^#)
ちょっと勇気がいるけれどそんな事は言ってられません。

最近は、かわいい柄も登場しています。UVカットの帽子との併用で怖い紫外線をカットしちゃいましょう。

【関連記事】

日焼けのまとめ。日焼け前後のケアと日傘や対策グッズ

まとめ

私が20歳になった頃に、近所のお姉さんに「20歳過ぎたらお化粧をきちんとして紫外線対策しといた方がいいわよ!」と言われました。

それまで日焼け止めどころか化粧水すら付けていなかったのですが、忠告を聞く事にしました。日焼け止めも豊富にある頃では無かったです。

今でも、1年中下地乳液の代わりに日焼け止めを塗って、ファンデーションもUVの物を使用しています。

そのために、夜お風呂では、メイク落とし用と洗顔でW洗顔してお風呂上りには、ふき取り化粧水でもう1度ふき取ります。(トリプル洗顔しないとすぐニキビが・・)

努力の甲斐あり、「人からはお肌だけは綺麗ね」と言われますが(笑)・・・。

お肌には、常に1兆個もの常在菌(じょうざいきん)がいると言われています。この菌は、善玉菌(表皮ブドウ菌)でお肌を弱酸性に保っている菌で、洗いすぎる事によって、この菌が減りお肌がアルカリ性になり悪玉菌(黄色ブドウ球菌)が増え、肌トラブルになります。

お肌の洗い過ぎは禁物ですが、肌に皮脂や角質が残っているとシワやくすみ・ニキビ・シミの原因になります。

洗顔料は、泡の物を使ってお肌はゴシゴシ洗わないで、優しくなでるように洗います。これだけで汚れは浮いてきます。

泡の洗顔料で無い人は、ビニール袋に洗顔料を入れて何回か振ってください。そのままの洗顔料で洗うより、毛穴の汚れは取れますし、お肌にも優しいです。

紫外線対策で日焼け止めを使ったら、夜にはしっかり落とすことが肌トラブルを防ぐ1番の方法です。


スポンサード リンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。