小学校の謝恩会での母親の服装!選び方と格好良く着こなすポイントとは?

卒業式の後で行う謝恩会は、親が企画する事が多いです。これは卒業したお子さんが先生に感謝の気持ちを伝える場です。

私も長い間 PTA 役員をしていました。中心となって準備をするのは役員で、準備から進行まで忙しく、終わるまで気が抜けません。役員の方にとっては最後の大きなお仕事です。本当にご苦労さまです。

卒業式の謝恩会

そんな役員さんは当日の服装についても気を使われる事でしょう。

今回は謝恩会の服装で押さえておきたいポイントを書こうと思いますので、ぜひ参考になさってください。


スポンサーリンク

謝恩会の出席に適した服装とは?

卒業式の後に行う謝恩会は、学校で行う場合とホテルなどを貸し切って行う場合とは、少し雰囲気が変わってきます。

ホテルで行う場合は、少し格式ばった感じがします。
ほとんどの方は卒業式に着てこられた服装で参加される方が多いですね。

少し雰囲気を変えたいと思われる方はジャケットの色を変える

または、スーツで卒業式に出られたとしたら、中のインナーを少し華やかな物に変えてみてはいかがでしょうか

謝恩会だからと服をわざわざ2着も用意する必要は無いと思います。

卒業式の後、体育館などで謝恩会をする場合は、もちろん時間も無いのでそのままの服装で十分です。PTA の役員をされている方は設営の準備や進行もあると思いますので、動きやすい服装できちんと感が出るような物がお勧めです。

体育館だと暖房設備がないと寒いと思います。防寒に適した服装にしましょう。

家庭で洗濯が出来てストレッチ素材の物だと、動きやすいうえに卒業式の間はスカートを着用して、準備に入ったらパンツに着替えるなど、いろいろアレンジ出来ます。卒業式だけではなく今後も着る機会は増えると思います。

スポンサーリンク

格好良く着こなすポイントは?

昔は、スーツは堅苦しく動きづらい印象がありましたが、今は低価格で動きやすい物が主流になっています。

流行があるので高価なスーツを買っていても、1回か2回しか着なかったのではもったいないです。

スーツの値段ではなく、清楚で身の丈が自分に合っている物を着用し、靴も少しヒールのあるパンプスにストッキングを履きます。これだけでも、着慣れた感が出て素敵なお母さんに見えます。

こんな服装はNG!

卒業式のスーツの色の主流は黒やグレー。紺色などの落ち着いた色のスーツの方が多いようですが、私は人と一緒は嫌なの!なんて言ってラメやスパンコールでキラキラドレスはいけません。

ロングドレスや胸の大きく開いた服・肩出しファッションもやめましょう。ミニスカートも今日だけはやめましょう。(私は履きたくても履けませんが)

きちんとスーツを着ているのに、寒いからと黒のタイツも履かないようにしましょう。寒いならパンツスーツにすると中に重ね履き何枚でもOK。(笑)

あくまでも子供が主役です。お母さんが派手だと子供が恥ずかしい思いをします。

思い出に残る謝恩会にするには

ただ雑談で終わるのでは味気ない気がします。
出来れば6年間の間に、他の学校に移られた先生にも来て頂きたいですね。

  • 子供たちからの歌のプレゼントや手作りの品などを用意する。
  • 父兄による歌やパフォーマンスも場が盛り上がります。
  • 6年間の思い出のスライドもいいでしょう。
  • 先生方からのお返しの歌のプレゼントを頂いた事もありました。
  • 体育館で行う場合も、許される範囲でのお菓子やジュースを用意する。
    (ただ、学校では衛生面で食べ物を出せない場合があるので注意)

2009 3/5 小学校卒業 謝恩会PTA による「クリスタルチルドレン」

まとめ

私が PTA の役員をしている時は、役員同士で話し合って当日の服装を合わせるようにしていました。そうすると、一人だけ目立つこともないので安心です。また、地域や学校でしきたりや風習がある場合もあります。

先輩お母さんに相談してみてもいいでしょう。謝恩会が楽しい思い出になるように最後まで頑張って下さい。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ